でも、ときめきで死にたい(めちゃくちゃ雑記)

ごきげんよう皆様。卓上カレンダーはもうめくりましたか? 私はしっかり1/31の夜、就寝前に部屋を暗くしてからめくっておきました(ドヤ顔)。こうしておくことで朝起きた瞬間に「うーん……朝…?見慣れない写真……!?????待って!?????」という目覚めを体験することができるんです。すごいと思いませんか?(は???)

 

2月の推しぴは天才です。天才。傑作。最高。他に言い表しようがない。語彙力なさすぎてびっくりした今。シチュエーション的には結婚記念日やプロポーズする日だとか何か特別な日に二人の思い出のお花を買って待ち人を待っているような感じでしょうか。一言で言い表すなら好きです。

あとこの花なんていうのかわかりません。ご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいませ……。

 

推し事と熱量の話を最近ちょくちょくTLで目にしました。ほどよく長く応援できたらいいよね、と仰る方が多いと思うのですが、私はそういうの絶対できないタイプなので普通にすごいと思います。

 

とても好きな舞台作品で、これまた私のすごく好きな登場人物が「俺、短距離走しかできないんだよね。走って走って、走りきって死にたい」と言うシーンがあります。その人物には彼が敬愛して、そして憎んでやまない宿敵がいるのですが、その宿敵の方は長距離走タイプなんですね。絶対に相容れない二人なのに二人で同じ夢を目指していたからこそ起きた惨劇……という内容でめっちゃ面白ry 脱線!

物語の最後で私の好きな登場人物の方はひどい死に方をするのですが、全部やりきって我が人生に悔いなし!って感じで死んでいくのでとても幸せだろうなと思いました。

 

人が一生のうちに持つことができる『好き』にはきっと限りがあって、私はその消費が早いタイプなんだろうと思います。うまくバランスをとって、何人も追ったり何年も追ったりできる人すごいですよね。私は俳優さんだと5年が最長なので……。

でも、推しぴに出会ってからふと思うようになったのですが、推しぴがくれる『好き』の気持ちによって自分の持ってる好きゲージの絶対量が増える?ようなことってありません!?もし仮に3年で使い果たす量の好きゲージしか持ってなかったとして、推しぴがくれるときめきで4年、5年と増えていくみたいな。これ以上好きになるなんてむり!って時期が必ずあるのにその無理をいとも簡単に越えさせてくれるんですよね。あっ、この人のこと好きすぎて私ここまでできるんだ………ってなる。推しぴ=経験値。(は??????)

 

なにも考えずに書き始めたのほんとだめだな〜〜〜〜!

 

何が言いたいかというと、ここまでオタクを夢中にさせてくれる推しぴってすごい!今日も明日もずっと好き!あなたがくれるものぜんぶまちがいでもいいから愛してるよ!!!!

 

 

明日から今年初の現場です。がんばります。

 

目標:泣かない

 

 

↓苦情がございましたらこちらまで↓

🐭さんのお題箱

who_am_1 (@whoam115) | Twitter